5月5日のこどもの日に飾る五月人形がどういうものかご存知ですか?

5月5日の端午の節句は男の子の健やかな成長を願う日で、こいのぼりや鎧兜、武者人形などを飾り、チマキと柏餅を食べ、夜は菖蒲湯に入るのが一般的です。
さらには、子どもが産まれて初めて迎える節句のことを初節句といい、両家の家族を招き一緒にお祝いをする家庭が多いです。
ここでは五月人形について解説します。

歴史

5月5日の端午の節句は中国が発祥です。もともと古代中国の季節行事の五節句(七草の節句、桃の節句、端午の節句、竹の節句、菊の節句)のうちの一つでした。節句というのは季節の変わり目という意味で、旧暦の5月は今の6月で、急に暑くなる時期で、「毒月」とも呼ばれていました。その厄除け、毒除けのために菖蒲やヨモギ、ガジュマロの葉を門に挿し、薬用酒やチマキを飲食して健康増進を祈願しました。端午は旧暦5月の最初の丑の日を意味していましたが、午と五が同じ発音であったことから、5月5日に変わりました。

また端午の節句には別の説明もあります。中国の戦国時代の楚に屈原という政治家がいました。屈原は国王の側近であり詩人でもありました。彼はその正義感がつよく、また国を思う情は強く、人々から信望がありました。しかし屈原は陰謀によって失脚し、国を追われます。
その時の想いを歌った長編叙事詩「離騒」は有名です。彼は故国の未来に絶望し、汨羅という川に身を投げてしまいました。
楚の民衆は小舟で川に行き、太鼓を打ってその音で魚を脅し、さらにチマキを投げて屈原の死体を魚が食べないようにしました。これがチマキの起源です。
このような故事から、命日の5月5日に、屈原の供養が行なわれるようになりました。そして、やがて中国全体に広がっていきました。国と民衆に尽くした屈原の故事は、多くのチマキを川に投げ入れて国の安泰を祈願する風習に変わって行きます。そして、その風習は、病気や災厄を除ける大切な宮中行事である端午の節句となったと言われています。

実際は端午の節句と屈原のエピソードが一体化するのはかなり後世のことであるようで、それぞれ別の期限を持つ2つの習慣や民間伝承が、やがてひとつのものとしてまとまっていったのでしょう。

日本においては中国の端午の節句の習慣が奈良時代に宮中に入ってきました。菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿に集まり、天皇から薬玉を賜るという宮中行事になりました。
鎌倉時代頃にこの宮中の行事が武家社会にも伝承しますが、このとき大きく形を変えています。菖蒲が尚武と同じ読みであることや、菖蒲の葉の形が剣を連想させることから、端午は男の子の節句とされ、男の子の健康を祈るものになりました。

これも実際は複数の習慣や伝承がまとまったものです。日本では稲作を開始する田植祭と秋の収穫祭があり、春の田植祭では神様をお迎えし、秋の収穫祭では神様をお見送りするという所作を取ることが多く、春になると神様が山から降りてきて、収穫までの間田んぼを守ってくれると考えられていました。そのときに神迎えをするのが若い女性たち(早乙女)で、彼女たちは田植えを前に家にこもって身を清めました。これを五月忌みといいます。

日本にもともとあった春の収穫祭と、中国から日本の宮中を経由して入ってきた端午の節句が、もともとその接点にある武士階級によって習合したものといえます。

江戸時代には、端午は幕府の重要な祭日となりました。大名や旗本は正装で江戸城に来て将軍にお祝いを述べました。また、将軍に世継ぎが生まれると、城中にのぼりや作り物の槍、薙刀、兜などを立てて盛大に祝いました。
もともと、旧暦5月は、武家では鎧や兜を出して、家の中に飾る習慣がありました。梅雨の目前に武具へ風を通し、虫干しと手入れをするためです。端午の節句に兜や弓が飾られるのは、こうした武家の習慣に由来すると言われています。

江戸の民衆がこの武家の習慣を真似しました。厚紙で兜などを製作、屋外に飾ります。やがて、こうした作り物の鎧兜は精巧なミニチュアとなり、五月人形などとともに室内に飾ったり往来に見えるように置くようになりました。
家の外には、のぼりに武者絵などを描いてにぎやかに飾り立てました。こののぼりの先には、当初は小旗を付けていましたが、いつのころからか小旗の代わりに鯉のぼりが付けられるようになりました。これが大ヒットとなり、江戸も中期を過ぎる頃から巨大化していきました。
幟に鯉が描かれたのは、流れの急な龍門という川を登りきった鯉は龍になるという「登龍門伝説」にちなみ、子供に立身出世してほしいという願いを込めたためと言われています。
現代のように鯉のぼりが、1本の竿に何匹も泳ぐようになったのは明治時代以降のことです。江戸時代には黒の鯉(真鯉)1匹だけでしたが、赤の鯉(緋鯉)も飾られるようになりました。そして、昭和30年代になると、青や緑やオレンジの鯉も加わり、真鯉を父、緋鯉を母、小さなカラフルな鯉を子供と見立てて「平和な家庭の象徴」と考えられるようになったのです。

また、柏餅を食べるようになったのは、江戸時代中期頃からです。
昔から、丈夫で大きな柏の葉は、食べ物を盛ったり包んで蒸したりする器としての役割を持っていました。
柏の葉は、枯葉となっても木から落ちず、新芽が芽吹くまで葉に留まることから、「子が生まれるまで、親は生きる」「家系が途絶えない」「子孫繁栄」などの縁起物のよいものとして、柏餅を食べる風習が広まりました。
これは江戸の習慣で、柏の葉のない上方ではチマキを食べる習慣が残っています。

五月人形について

現代日本の端午の節句について説明しましょう。
飾り物としては、鯉のぼりなどの外飾りと鎧や兜などの内飾りがあります。鯉のぼりは子供の立身出世を願うもので、兜飾りは子供の無事な成長を願うものです。子供の災厄をさけるための「ひとがた」としての意味と、神様に子供の誕生を報告するという意味がありますので、両方飾るのが望ましいですが、地域やご家庭によって違ってきます。

一般的には五月人形は母型の実家から贈られることが多いです。かつては、男女が結婚をすれば妻が夫の家に入り、夫の両親と同居するのが当たり前と考えられていました。娘と離れて暮らす母方の両親が、娘と孫の顔を見たくて五月人形や鯉のぼりを用意し、夫側の家へ持参したなどという話もあります。しかし最近では、両親と同居するケースも少なくなってきていますし、必ずしも母方の実家が準備するものでもなくなっています。両家で負担したり、夫婦だけで購入する人も多いです。
五月人形を飾る時期は遅くとも節句の2週間前から3週間前までと言われます。4月中旬頃から飾るのが良いでしょう。

五月人形の種類には、甲冑全てを模した鎧飾り、兜飾り、鍾馗様や金太郎などの人型の武者人形などがあります。
また、飾り方は定番の平飾り、ひな壇に並べる段飾り、ケースごと飾るケース飾りなどがあります。どの場合でも、人形が傷まないよう、直射日光やエアコンの風が当たらない場所に置きましょう。

五月人形は人気のものは売り切れるのも早いです。4月が過ぎると商品の在庫の種類が減って、店頭に飾っている現品しか在庫がないということもあります。現品は備品が欠損していることがあるので、買う前に備品が揃っているかどうかを、店員と一緒にチェックするほうが良いでしょう。